スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感謝の旅

震災後 私たちは福岡の沢山の方々に
何度も助けていただきました。

坂井さんご夫妻・デザイン工房「ひげねこ」天本さん
松本さんをはじめ
素晴らしい愛がいっぱいの音楽で
多賀城を元気付けて下さった
SAX奏者 安武玄晃さん シンガー由夏さん
ピアノ&ギター奏者 西田勇さん・・・

そして イベントや行事で
ポランのクッキーやスコーンを販売して下さった
牟田アトリエさんとアトリエに通う子どもさんたちと
ご父兄の方々・・・
太宰府中学校の先生方
生徒の皆さん 
ソフトボール部の皆さん
太宰府市役所の方々・・・

いつか お礼の旅に伺いたいと
ぜひ 直接感謝の言葉を伝えたいと
ずっと考えていました。
そして その夢が叶い 皆さんに会いに行って
来ました。

皆さんに温かく迎えて下さって
お礼をお伝え出来たこと嬉しく思います。

今回の旅では 安武さん 由夏さん 西田さんが
シークレットライブを開催して下さいました。
感激でいっぱいになりました。
はじめて 由夏さんの歌声を聴くことが出来ました。
心に染み入るあたたかく優しい由夏さんの声
安武さんのSAXと、西田さんのギター、ピアノ
画面のメッセージに涙が流れました。

本当に ありがとうございました。

コスモスの咲く 環境フェスタの会場では
牟田アトリエさんがポランのクッキーの販売を
して下さっていました。
私たちも伺うことが出来ました。
高橋さんが お忙しい中
駅まで迎えに来てくださいました。

手書きの看板を作って下さったり いつも遠くから
応援して励まして下さっていて
皆さんの思いに本当に感謝しております。

太宰府中学校では 子どもたちが
私たちの到着を教室で待っていてくれました。
震災後の様子をお話しさせていただきました。
もっともっとお話ししたかったのですが
子供達が実際作ったのですと
先生から手づくりのバックを見せていただき
このバックにクッキーを入れて 販売したのです。
その日は雪が降り 地面も雪でぐしゃぐしゃの中
寒さに震えながら 販売していました・・・との
お話しを聞いて 涙で 「皆さん本当にありがとう」 
とお伝えするのが精いっぱいでした。
本当にごめんなさい。

お伝えしたかったことは沢山あって・・・
震災で 今まで当たり前のように過ごしていた生活が
一変して 明日どうなるかわからなくなることがあることを
実感しました。
生きていることの奇跡を実感しました。
沢山の亡くなった方たちの為にも
精一杯生きなければならないと
思いました。

家族・友達 周りの方々
そして自分のことをいたわって
優しく 大切にして下さい
一日 一日 感謝の気持ちを忘れず
目標を持って生きてほしいですと・・・

でもきっと皆さんに伝わっていると思いました。

ソフトボール部の子どもさんたちは
3月12日からずっと 練習前にマウンドで輪になり
東日本を思い祈り 黙祷してから練習に入っていますと
先生から伺いました。

私たちが想像している以上に
福岡の皆さんが 私たちを心配して
応援して下さっていることを知りました。

しおクローバーさんの思いの詰まった冊子
「こどもたちを守るために」も
お渡しさせていただきました。
当時の塩釜の状況と子どもを想う優しく強い
ママたちの声が 伝わりますように。
先生よりゆっくり読ませていただきますとの声を
いただきました。
牟田アトリエさんにもお渡しさせていただきました。


土日は緑の列車「ゆふいんの森号」で大分の「由布院」に
向かいました。
夕食のとき ペンションの奥様が私たちのためにサプライズで
ケーキを準備してくれていたので びっくりしました。
「身体に気を付けて頑張ってください」と
メッセージが・・・
由布院も豪雨で大変な被害があったようでしたが
東北を心配して下さって こちらでも
九州の方々の温かい思いに
感謝の気持ちでいっぱいになりました。
由布院は短い時間でしたが 美術館を巡り 
金麟湖を散歩して 森の中のカフェで珈琲を飲み・・・
心の栄養とリフレッシュになりました。

旅を終えて
仙台空港に降りる飛行機からの景色は・・・
海沿いは黒く帯状に 津波で木が倒され
建物が流された無残な状態でした。
このグラデーションは岩手まで
続いているのでしょう・・・。
海の上で静かに手を合わせ祈りました。

行き来する震災復興の作業のための資材を積んだトラック。
以前とは全く違う場所のように
変わってしまった海沿いの景色。
私の生まれた石巻の実家も最近
更地となってしまいました。
ずっと心に残る楽しかった小さい頃の思い出。
いつもそばに包み込んでくれる海がありました。
津波を思い出すと 海は怖いけれど
海を嫌いにはなれないんだよね
最近 友達と話したことを思い出します。

きっと この場所もいつか緑がいっぱいになり
素晴らしい景色になるに違いないと信じています。
そのためにも 自分に出来ることから
はじめようと思っています。

住んでいる町を好きになり
ひとりひとりが自分の得意分野で輝くことが出来たら
小さなキラキラが集まって・・・
きっと素敵な輝く街になるような気がしています。

小さな一歩ですが
私たちも 小さなアトリエポランを
大切にしながら 心を込めて パンやお菓子を作り
多賀城という街を支えていけたら
素敵だなあと思いながら
帰って来ました。
沢山のことに気づかされた旅でもありました。


福岡の皆さん
ありがとうございました。
私たちはお陰様で元気でいます。
いつか こちらにもいらして下さいね。

今度はぜひ ご案内させてくださいね。



スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。