スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生きるためのパンとお菓子6。

今日も 沢山のお客様に来ていただき
励ましの言葉もいただき ありがとうございます!!

遠くから 自転車や徒歩でお店を探して来て下さるかたも
いらして 感激しております。

私の方が 元気をいただいています!

小さな可愛いお嬢さん二人を連れた
若い美人のママ。

「このパン、卵・乳製品は入ってますか・・・?」
と心配そうに。

「入ってませんよ・・(*^_^)お子さんアレルギーですか?」

「はい。この子たちの食べられるパンがなくて・・・。
良かった!!」

子供達もわーい!と 大喜び。

「今すぐパンたべたい~!」
「明日の朝ごはんまで がまんね」と ママ。
子供達はしょぼん・・・。
明日の朝まで 楽しみにね。

「また来ますね♪」

ママ&可愛い女の子は手を振って
帰って行きました。
私も力になれて 嬉しかったですよ。

アレルギーのお子さんを持つママたちも 
災害時は特に手に入る食べ物が限られていて
困っていらっしゃいます。
私自身も食物アレルギーがあり、スーパーの食材のなかでは
食べられるものが限られているので
お気持ちは わかります。

だから 自分でお店を作ったのです!

ポランには 卵・乳製品を使用していないお菓子やパンも
ありますので 声を掛けて下さいね。

(同じ施設で、卵や乳製品を使用したものも作っております)

午後から 津波被害があった仙台新港方面にある
中野栄のサトー商会へ。
自宅から 車ですぐです。
育英学園そばの道路から 津波のあとでしょう
泥が残る黒い道に、変わってきました。

港に近づくにつれ 心臓がドキドキしてきました。
ここまで津波が来てたと思うと・・・
津波に合ったかたの気持ちを考えると
苦しくなる思いでした。

仙台新港へ続く道沿いには 津波で流されてきた
根っこのついたままの木や、つぶれた車が重なって何台も・・・
なんと、冷蔵庫までが。
電信柱はコンクリートに亀裂が入っていて
今にも倒れそうです。
地面にもひびが入っているので道路も慎重に走らないと
危険です。

サトー商会へは、地震後 初めて伺います。
営業の方にご挨拶。
ご無事で良かったです。
本社も被害が大きく、4月にならないと商品が揃わないとのことですが
私たちもある材料で乗り越えますので、皆さん
頑張って下さいね!!

帰りは地震後、通れなかった
国道45号線へ。

いつも子供が通っていた「本屋さん」 
見慣れたはずの「うどん屋さん」「カー用品店」
見慣れた町は 泥にまみれ 流れてきた物に埋もれて
静かに、泣いていました。

道のわきには窓が壊れ、つぶれた車の山が・・・。
まるでここで、戦争があったかのように。
誰しも、あの日ここへ津波が押し寄せるとは
思っていませんでした。

歩いている人は 悲しみをこらえ
涙も枯れたのか あまりの悲しさに
涙も出ないのかもしれません。
皆、心なしか急いでいます。

それぞれの会社の外では従業員の方が
淡々と、そして
黙々と、流れてきた物を運んだり撤去する
作業をしています・・・。

一軒の「お鮨屋さん」前でのこと
若い女の子が自分で書いたかと思われる看板を手に持ち
ニコニコ立っていました。

{炊き出ししています!どうぞ}

若い男の子たちは テキパキと笑顔で店の前を掃除していました。
お店再開のために みんな、協力して出来る事をしているんだなあと思うと
私も力をもらいましたよ。

ありがとう!!

日曜日
多賀城駅前の復興市にて
私たちも 皆さんに 心を込めた「お菓子とパン」で
いっぱい元気と笑顔を届けられますように。

10時~長崎屋跡地にて販売いたします。


さて、茨城の妹より
北海道産の国産小麦も届きました!
間に合った!感謝。

仕込み開始です!!


Atelier Poran...
kotori
risu












スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。